コワーキングスペースから旅立つ時が来たyo(T_T) 東京でオフィス探し編

2015-05-05ブログテーマ『コワーキングスペース』のリスト | No Comments »

ビジネスが拡大されると、コワーキングスペースから移動する必要のタイミングが来ます。

従業員を採用してワークスペースが狭くなってしまった場合がそうです。

レンタルオフィスなど作業領域を広げる人もいますが、今の小さな巣を離れて新しい巣を見つける時が来たのです。

他の業種とは異なり、ベンチャーは夜遅くなりがちです夜明けにベッドを敷いて寝ている経験は、自分もありました。

多くのベンチャー企業がレンタルオフィスでベンチャー神話を語っています。

私どももコワーキングスペースを出て、すぐのオフィスに移さずにレンタルオフィスを選択しました。

レンタルオフィスは価格的な面でもオフィスよりも安い住宅にも使用することができます。

オフィスが値は高くても場所が広く、オフィススペースを十分に確保することができるという利点もあるが、初期のベンチャーには、レンタルオフィスも十分です。

問題は、オフィスビルやレンタルオフィスを得るためのノウハウを知らないところにあります。

東京には沢山のオフィスがあります。

ほとんどの物件は不動産仲介業者を介してのものを紹介します。

しかし、私は時間があれば、直接足運び見ることをお勧めします。

まず、その場所にある不動産会社を見つけるのではなくその建物とオフィスをリストにして直接現場を訪ねて行くことです。

すべての建物には、1階(または2階)に管理所のオフィスがあります。

そこには、建物のオフィスを管理する責任者がいますが、空のオフィスがあることを、価格などはどうなるのか聞いてみると親切に教えてくれます。

不動産仲介業者を経由にすると仲介手数料を支払わなければために、この費用が思ったより少なくありません。

さらに、不動産業者を通さなければ家主側でも仲介手数料を負担していないので、少しの費用を割引くれます。

ベンチャー起業家A氏は、「建物の管理人を直接会って家賃を交渉すると、たった数万円であっても削れている」と"月に1万だけ減らしても、1年で12万円を減らすことができる」と話しました。

足走りながらオフィスを得た経営者と不動産で出してくれるものだけを見て引越しを決めた。

経営者は、時間をかけて応じて「内面」で大きな違いがあります。

不動産を見る目が生じるだけでなく、取引の交渉ノウハウが蓄積されている理由です。

ベンチャー起業には恥ずかしいことはありません。




東京不動産: 慣れ親しんだコワーキングスペース:ナレッジソサエティ東京

»

Leave a Reply