保育専門学校で保育士の資格を取る!

2009-09-13ブログテーマ『保育専門学校』のリスト | No Comments »

保育士の資格を取得するためには、保育専門学校に通うか資格試験を受けるかの2つの方法があります。
保育専門学校や大学の保育科の単位を取得し卒業すると自動的に保育士資格が取れますが、学校に通わずに保育士資格を取るためには必ず資格試験に合格しなければなりません。
しかし、筆記も実技も難易度が高く、一次の筆記試験の合格率は10%程度、二次の実技試験の合格率は20%程度と言われています。
100人中2人しか合格できないという難関なのですね。



やはり保育専門学校に通って資格を取ることが早道なのかもしれません。
保育専門学校には卒業と同時に資格を取得できる定保育士養成学校について言えば、2年制か3年制が多く、大学の保育科だと4年制になります。
教室での座学の授業だけでなく実習やピアノ、紙芝居など保育園で行っている実践的な授業が多くあります。
2年制の専門学校に通っていた友人は毎日カリキュラムがびっしりと詰まっていて、なかなか大変そうでした。
今ではベテランの保育士です。



保育専門学校で学ぶメリットは専門的な知識や技術が身につくだけではありません。
なんと言っても卒業後の就職ケアをしてくれることも大きいと思います。
保育士不足がどこでも叫ばれていますが、せっかく働くのだから自分の理想に合う環境の保育園に就職したいですよね。
保育士は決して高収入ではないですし、実際かなりの重労働です。
正直、「子どもが好き」というだけではやっていけない現実があります。
やはり就職の面倒もしっかり見てくれる学校がお勧めです。

»

Leave a Reply