気になる国家資格のマンション管理士

2009-03-04ブログテーマ『マンション管理』のリスト | No Comments »

マンション管理をする上で、マンション管理士という国家資格があるということを知りました。

調べてみると、今までは無資格の人がマンション管理をしていて、それだといろいろ問題がおきたときに対処できないため、資格を作ったという経緯があるようです。

それと、このマンション管理士の資格を持っていると、宅地建物取引主任者の試験のいくつかが免除されるという情報もあり、この資格を持っているとマンション管理に非常に有利であると思われます。



マンション管理士の資格を取得する手段としては、独学や通信講座などの勉強方法があります。

必修授業はないので難易度は別として、仕事をしながらでも資格取得の勉強はできるようです。

試験の回答方法は択一式ですが、合格率は10パーセント未満なので、せまき門なのかもしれません。

できることならば、しっかりとしたカリキュラムを組んであってテキストもある専門学校に通うのが、一番確実に知識を吸収できるのではないでしょうか。



マンション管理士という資格はまだ知名度が低く、まだこの資格を持っていなくてもマンション管理業務ができるのが実情のようです。

マンション管理士を持っていてできることは、大規模な修理、修繕工事の企画から携わることができるようです。

しっかりとした知識を持っているので、工事の必要性の有無や定期点検にも立ち会うことができて、ちゃんとした検査が行なわれているのか、手抜き工事をされていないか把握することができます。

»

Leave a Reply